カフェ・ミディピル・トーキョー公式ブログ

西調布徒歩2分の場所にある、「カフェ・ミディピル・トーキョー」の オフィシャルブログです。

※2018/8/27~29に、夏季休業をいただきます。
悪しからずご了承ください。

開店準備

壁画。

1455986088651

工事現場あるある。設計図?
エジプトのピラミッドにもあると言われている工事中の落書き。
ちなみに写真には納めてないが、モロ個人情報なども書き込
んだままになっているけど、大丈夫なのだろうか…。

典型的なババを掴む。

内装屋さんに言われて慌ててヤフオクで流し台を物色した。
当たり前と言えば当たり前だが、そんなものを出品しているのは
大概業者だ。ウン万円以上のお支払で送料無料だの、まとめて
落札すれば安くするだの、魅力的な文言が並ぶ。たしかに、店を
開こうと言うことで必要な什器は多い。上手くまとめられたらまと
めて買ってしまおうとまとめて落札し掴まされたのがコレ。

 
1455643016246

や、上手くこの箇所が写らない写真とキズヘコミ多々有りとのコメ
ント、見事です。正常に動くのと、庫内の気密性は確保されてるみ
たいなので、とりあえず まぁ、いいか。たしかに安かったし。
流し台とか、他の商品にはトラブルなし。内装屋さんにお渡し!

自分で出来るところは自分でやりたい。

…先にも述べましたが、私は演劇をかじっております
ので、木や布や紙などで造作することに多少の心得
があります。なので内装屋さんにそのことを伝えまし
た。でもそれは安く済ませたいという理由ばかりでも
ないのです。やはり喫茶店というものは時間を潰した
り談笑したりボヤボヤしたりするところ。多少のこだ
わりや趣向性がないと、さして人が集まってくれない
と思うからなのです。例えば内装屋さんは今回、「なる
べく安くやりたい」というオーダーに忠実な提案として
床をpタイルで覆う処理を見積もってくれました。でも
pタイルとて、新品で床全体を覆うとそこそこお値段
がする訳です。そしてコンクリ直のpタイル…場末の
ライブハウスとかに良く出掛ける方はなんとなく判る
と思いますが、まぁ、アレです。えぇ、アレなんです。
だとすれば、同じ金額で木材の床を自分で貼れる
ようなら自分で苦労して貼ったほうが見た目も味の
ある店になる…と思うのです。

「ちゃんと貼れますか?強度とか。」

内装屋さんに聞かれました。しかし我々は常々、3人
のダンサーが激しく踊る二階屋だの、乱闘の挙げ句
ぶつかり振り回されるキャスター付き部屋だの、ヘヴィ
デューティーな構造物を作っては解体しています。見
たくれはともかく強度には一定の自信があります。
そして、私が公演を打っている小屋はそれこそ場末
の劇場が多く、床がちゃんと平らなほうが珍しい感じ
です。帳尻合わせもまぁ、知識があります。

人によっては内装屋さんにイスや机などの調度品は
おろか、調理器具まで一括でお願いすることもあるよ
うです。そのほうが内装屋さんもトータルコーディネー
ト的やりがいを持って、設計製作できるのでしょう。そう
いった意味で、今回内装屋さんには悪いことしたなぁ
とチョッピリ感じています。ひらたく言えば、まぁ内装屋
さんの提案をカットカットカットしました。そしてもう一回
造作には一定の知識があるが、水回りと保健所のルー
ルがサッパリ判らないのでその辺をお願いしたい旨を
伝えました。あ、あとトイレの扉が正面じゃない方がい
いだの、植栽はいかにもすぎるので避けたいだの、細
かい我が儘もついでに伝えました。

「わっかりました。じゃ、その辺を詰めて、もいちど見積
もりだします。」

と、快く内装屋さんは応じてくれました。
そして、割合早くに次の見積もりが来、さらにもう少し
詰めてから実際にお願いしたのでした。

安さの理由。

…一般的に、料金が相場より安いのには理由がある。
型落ちとかセルフサービスとか納得がいくものやコピー・
バッタ物販売とか無免許とか犯罪的な物までその理由
は様々だ。でも理由なく高いことはあっても理由なく安
いことはまず無い。さて、今回の内装屋さんは?

私見だが、この内装屋さんの安さの最大の秘密は人件
費の削減だ。出来ることを自分ひとりでこなすので、余
計なお金がかからず相場より安く上がるのだと思う。た
だ、どこの中小企業もそうであるように、人件費の削減
は相応のデメリットもある。例えば一人の仕事量が増え
るのでひとつひとつの仕事の質と効率が低下する。今
回で言うと内装屋さんは受付から営業からサポートセ
ンターから一人でこなしてるのでなかなか連絡が繋が
らない。そして出来るのと得意なのはまた別問題だ。
この内装屋さんは恐らく職人さんの中では群を抜いて
愛想が良くシロ-トのお客さんにも優しく説明ができる
ほうだと思う。でもあくまで職人さんにしては、だ。「なん
しか内に秘めたな、今。」と思われる場面が散見する。
そーゆーの、職人さんから散見すると、ビビります。

そんなこんなで不意に音信不通になった内装屋さんだっ
た。しばらく待ったが待ちきれず、紹介してくれたBBに
相談してみたり、不動産屋に回答を待ってくれと三日おき
に電話してみたり、ヤキモキヤキモキヤキモキヤキモキ
して、もう押さえでどこか他の業者さんにも見積もり出し
てもらおうかとか考えていた時、不意に内装屋さんから
連絡が入った。

「やぁ、すみませんお待たせして。やっと見積もりできま
したんで、メールで送りました。確認してください。」
「あ、ありがとうございます!」
「なんども連絡させちゃってすみません。すごく立て込
んでしまって…。」
「なるほど、そうだったんですか。」
「明日か明後日なら身体空いているので、詳しい打ち合
わせなど…。」
「早!了解です。」

なかなか緩急をわきまえている内装屋さんだった。
送られてきた見積もりを見た。図面付き。さしあたって何
も省いていないように見えるのに、150万円チョイと、前
回の話より大分安く見積もってくださった。

「…これは、さらに自分でやったりすれば、
どうにかなんとかなるかなぁ…。」

そう独りごちた私は、不動産屋に契約を希望する旨を
電話で伝えたのでした。

内装屋さんにえらくジラされる。

…待ち合わせの場所にやって来た内装屋さんは
想像していたよりずっと取っつきやすい感じの人
だった。物件の中に入り、件のフワフワした下絵
を見せた。「ほうほう。」内装屋さんはそう言い、
物件の至る所を専門的な視点(と思われる)で見
て回った。

「水道…なるほど…床…トイレ…トイレは交換し
なくちゃダメだな。」
「あ、ダメですか?」
「飲食でしょ?変えた方が良いですよ?」
「なるほど。」

正直この時点でイマイチ得心がいってなかったが、
その後誰に聞いてもトイレは新品に交換した方が
良いと言われたので(含む嫁)そういうものらしい。
陶器だから磨けばキレイになるかなーと思ってた
のだが、存外傷つきやすいものなのだ。家庭とは
使用頻度が全然違うからなぁ。

「まぁこの図だったら、ココだと200万もあれば。」

と、言われ 慌てて自分が演劇などで造作には少
し心得があり、かつお金にゆとりがないことをしど
ろもどろに告げた。内装屋さんはちょっぴり面倒臭
そうな表情を垣間見せてから

「なるほど。まぁ、見積もりなんで、出すだけ出して
削ったりなんだりしましょう。」
「あ、それで!ぜひそれで!」
「じゃ、2~3日後にはざっくり見積もり出しますんで。」

そう言って内装屋さんは去っていった。そして2週間
程音信が途絶えた。キャイン!
Twitter プロフィール
ギャラリー
  • 今週のスケジュール(非常事態宣言解除)
  • 今週のスケジュール(なるか非常事態宣言解除)
  • 今週のスケジュール(去れコロナ去れ)
  • 今週のスケジュール(5月中旬とな…)
  • 今週のスケジュール(ゴールデ…なんでしたっけ?)
  • 今週のスケジュール(非常事態は続く…)
  • テイクアウト新商品!(…追憶?)
  • 今週のスケジュール(政府/東京都の要請に準じて)
  • 今週のスケジュール(政府次第)